お土産

”無添加”にこだわった、食感まで楽しめる手づくりフルーツジャム

紀北・高野町
 今回はCONFITURE KOYA(コンフィチュールコウヤ)の加勢田梓さんに取材させて頂きました。
 高野山駅からバスで10分のところにある出光ガソリンスタンド内のCONFITURE KOYA(コンフィチュールコウヤ)は、和歌山県産の旬のフルーツを使用した手作りジャムを販売しています。販売のきっかけは、ガソリンスタンドを本業として営んでいる加勢田香代さんが、和歌山県産フルーツの香り豊かな味を多くの方に知ってほしかったため、趣味で作っていた手作りジャムをご近所の方に配り始めたことでした。この手作りジャムは10年ほど前から販売されています。ジャムとして販売を始めた理由について、捨てられてしまうようなB級品のネーブルオレンジがもったいなかったこと、また旬の果物のおいしさを保つことができることから、ジャムとして提供することになったそうです。CONFITURE KOYAで作られているジャムはすべて無添加で和歌山県産のフルーツにこだわっており、薄皮などは手作業で取り除き、ジャムに入っている果物の大きさは均等になるように切りそろえるなど、一つ一つの作業をすべて手で丁寧に心を込めて仕上げています。また、イチジクや桃のような比較的酸化しやすい果物をジャムにする場合でも、果物の色鮮やかさをキープしたまま作られるので、見た目がとても美しいです。

CONFITURE KOYA(コンフィチュールコウヤ)
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山261(出光ガソリンスタンド店内)
営業時間:07:00~19:00
値段:ラフランスといちご&ラズベリーは780円、そのほかはすべて680円