観光・体験

丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)

紀北・かつらぎ町
 今回は九度山観光ガイドタクシーのチーフドライバー西埜憲司さんの観光ガイドのもと、丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)を訪れ、そこで教えていただいた丹生都比売神社の魅力やおすすめポイントをご紹介します。
 丹生都比売神社は1700年以上前から存在し、弘法大師に高野山を授けた神の社といわれています。他の神社とは違い、神様と仏様が融和する(共存している)場所でもあります。また、すべての災厄を祓う神として広く崇敬されているそうです。
 丹生都比売神社は「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産にも登録されています。その際ユネスコ側から、「1200年日本古来の信仰がある神道とインドから東アジアに伝わった仏教が融合し、それらの文化的景観が残っているのはユニークだ」と評価されたそうです。
 ここからは丹生都比売神社の観光ルートに沿ってご紹介します。実際に訪れている気持ちになって読んでみてくださいね。

丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)
住所 和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野230