グルメ

常に新しい風を吹き込み、おしゃれなごまとうふアレンジ料理が魅力なお店

紀北・高野町
 今回は角濱ごまとうふ総本舗の専務取締役、角濱功治さんに取材させていただきました。
 高野山駅から車で約5分のところに位置する「角濱ごまとうふ総本舗 飲食部門」は、2016年にオープンした飲食店です。飲食店をオープンして、ごまとうふのアレンジ料理やスイーツを提供するようになったきっかけは、元々高野山には飲食店が少ないため昼食を食べる場所が少なく困っている観光客が多かったこと、そして高野山の胡麻豆腐の可能性をもっと広げたいという角濱さんの強い思いから始まりました。
 飲食部門ではごまとうふを使った様々なお食事メニューやスイーツがあります。中でも、お食事メニューの一番人気は、ごまとうふのお造りやごまとうふの天ぷら、木の芽味噌や抹茶を加えるなどした創作ごまとうふがぎゅっと詰まった「角濱ごま豆腐金剛懐石」です。この金剛懐石にだけ入っているごまとうふの天ぷらは、普通にごまとうふを揚げると溶けてしまうので、ごまとうふを湯葉巻きにしてそこにてんぷら粉を付けて揚げているそうです。そうすることで外はサクッ、中はふわっととろけるので、ごまとうふの味に加えて食感まで楽しめることができ、お客さんからとても人気が高いそうです。これらのメニューは曼荼羅を模した器に盛りつけられており、若い世代を中心にSNSなどにも投稿され注目されています。

角濱ごまとうふ総本舗 飲食部門
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山230
営業時間:09:30~17:00(ランチ11:00~15:30)