観光・体験

歴史と観光が融合した和歌山の定番スポット「紀三井寺」

紀北・和歌山市
 紀三井寺は1250前の宝亀元年、為光(いこう)上人によって開基されたお寺で、昨年(2020年)がちょうど1250年目で紀三井寺にとって節目の年でした。紀三井寺は日本最古の巡礼道「西国三十三所観音霊場巡礼」の2番目の巡礼札所で、令和元年5月には、「西国三十三ヵ所巡礼道」が「1300年続く日本の終活の旅」として日本遺産に登録されました。

~観光地としても有名な紀三井寺~
 紀三井寺は観光地としても人気が高まっており、最近では、巡礼で訪れる方よりも観光目当てで来られる方の方が多くなっているそうです。紀三井寺は近畿の中で一番桜が咲くのが早い”早咲きの場所”として有名で、毎年、本堂のすぐ前にあるソメイヨシノ標本木に5輪の花が咲いたら、和歌山で開花宣言が行われます。関西圏から訪れる方が多いですが、行事ごとになると和歌山市内や有田方面、大阪の泉南方面からの方も来られ、年に25~6万人ほど観光客が訪れます。もっとたくさんの参詣者に訪れて欲しいと語る前田泰道住職は、紀三井寺に足を運ぶのを阻む要因として、231段もある石段を挙げられました。「231段もあるので登り切れなくて諦めてしまう方が多いのです(年配の方が特に)。若い方でも、登らずに下から見上げて満足してそのまま帰る方もいます。」と少し残念そうにおっしゃっていました。そこで紀三井寺では、昨年の11月にエレベーターを設置。階段で表すと50~60段分ぐらいです。残りの170~180段分は現在小さなケーブルカーのようなものを門の所に設置しようと計画中だそうです。ケーブルカーが導入されれば、さらに本堂まで来る方が増えそうですが、前田泰道住職は「そもそも観音様のいるお寺は山の上にあるなど、少し登りにくいところにあります。難行苦行をして参るのに意味があるので、本当は石段を登って上がってきてほしいですね。」とおっしゃっていました。

紀三井寺
所在地  和歌山県和歌山市紀三井寺1201
TEL    073-444-1002
営業時間 [本堂・納経所]8:00~17:00 [仏殿大観音像拝観]8:30~16:30
アクセス [車]JR 和歌山駅から20分 [電車]JR和歌山駅からきのくに線乗り継ぎ、普通電車南方面へ。
     2駅目紀三井寺駅下車し、徒歩10分
駐車場  近くに有料駐車場がいくつもあります
その他  [御祈祷・御回向]実施時刻は、上記電話番号へお問い合わせ下さい。