ホテル・旅館

お客様の「楽しい!」を最大限に引き出す、“映える”ホテル「HOTEL SEAMORE SHIRAHAMA KEY TERRACE」

紀南・白浜町
Image-empty-state_edited_edited.jpg
「HOTEL SEAMORE SHIRAHAMA KEY TERRACE(以下、ホテルシーモアと表記)」。2018年に50周年の節目を迎え、そのタイミングで大幅リニューアルが行われました。リニューアルに際して、“写真映え”する客室やテラス・足湯が登場し、白浜の数あるホテルの中でも特に若い世代を中心に多くの支持を集めることに成功、人気が上昇し続けている注目のホテルです。
 ホテルシーモアでは、様々な生活シーンの中で使って頂けるようなホテルを目指そうと、『帰る場所、集う場所、そしていつもの場所に』というテーマが掲げられています。リニューアル後、ベーカリーショップ「TETTI BAKERY&CAFÉ」がオープン。その他にもホテルシーモアが、“身近な存在”と感じてもらえるようなスポットを増やしたことで、地元の方や日帰りの方にも愛されるホテルになったそうです。
館内おすすめの施設が、ホテルシーモアのシンボル的存在である「インフィニティ足湯」と、人気の高い「mikan terrace」です。「インフィニティ足湯」は、横幅30mという驚異的な長さを誇り、海と一体化した景色を存分に楽しめるのが特徴で、誰でも無料で利用することができます(但し、ご利用時間は日帰りと宿泊で異なります)。夕日を眺める、撮影するなど、どんなシーンにもぴったりな注目スポットです。「mikan terrace」は、爽やかな海風を直接肌で感じながら過ごすことができる人気の場所で、インフィニティ足湯と共に、夕暮れ時がおすすめです。和歌山の食材を使ったオリジナルパンやクロワッサンが人気の「TETTI BAKERY&CAFÉ」で購入した商品やコーヒーを片手に、それぞれのシチュエーションで楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
 足湯やテラスでのんびり過ごしたあとは、お楽しみの夕食タイム。館内には、朝昼夜利用できるビュッフェレストラン「by the ocean」、いけす料理が楽しめる「いけす円座(わろうだ)」、そして「すし八咫(やた)」の3つのお店があります。ここでのポイントは、3つのお店の営業時間と金額がすべて統一されていること。そうすることで、お客様は食事を“選ぶ楽しみ”ができ、“自由な時間にその時食べたい料理”が頂けるようになりました。ビュッフェレストラン「by the ocean」には、約100品目の料理がずらりと並び、何にしようか考える時間も楽しみのひとつです。時期によっては「EAT JAPAN」などといったイベントも行われ、普段なかなか頂くことができない料理が味わえます。
夕暮れ時がおすすめ「mikan terrace」、いけすから獲った魚を使って絶品料理をふる舞う様子
 さらに、「いけす円座」や「すし八咫」のカウンターの目の前にあるいけすから、魚を獲るパフォーマンスは迫力満点。その日水揚げされた新鮮なお魚料理を、心ゆくまで堪能することができます。
20時からオープンする「KON BAR」もあり、静かで重厚感のある空間でウイスキーや日本酒、季節限定のカクテルなど自分の好きなお酒をゆっくりと嗜むことができます。いつもより少し大人な雰囲気を味わいたい若い世代の方にもおすすめです。
地下3階の開放感のある露天風呂と、一番人気なオーシャンフロントの「デラックスルーム」
 豪華な夕食でお腹が満たされた後は、名湯を贅沢に満喫しましょう。館内の温泉は地下3階構造で、地下1階は、足元が悪い方にも苦労なく入浴をお楽しみいただける小さな浴場、地下2階が大浴場、そして地下3階が源泉かけ流しの露天風呂です。この露天風呂は、深さが3段階(腰掛け・座る・立ち湯)あります。温泉と眼前に広がる海が一体化した開放感のある景色を眺めながら、自分だけの時間を心置きなく過ごすことができます。
泉質が地下1・2階と地下3階で異なっているので、湯巡りしながら違いを楽しめるのも「ホテルシーモア」の特徴の1つ。また、親御様にもゆっくりと安心して温泉を楽しんでいただけるよう、小さなお子様専用のお風呂(深さ10㎝)が設置されています。ここに来たすべてのお客様が満足できる仕組みになっているところに、「ホテルシーモア」の優しい心遣いが感じられます。さらに、女性が特に嬉しいポイントとして、選べるコンディショナーとシャンプーバーが設置されており、お好みの香りのシャンプーを利用することができます。
 温泉で心も体もリフレッシュした後は、おすすめのお部屋「デラックスルーム」で宿泊。どこから撮っても美しい海の景色が広がっており、写真映えを重視した内装と相まって幻想的な一枚を撮ることができます。さらに、コンセントが多く設置されているのも旅行者にとっては嬉しいポイント。椅子が二つ並んだ小上がりスペースで白浜の海の波音を聴きながら、ゆっくりと寛ぎましょう。
他には、少人数グループやお子様連れの家族におすすめな「スイートルーム」もあります。こちらは唯一のインナーテラス付きで、「デラックスルーム」よりもお部屋が広く、安心してゆったりと過ごすことができます。

「ホテルシーモア」には、その他にも様々な施設やサービスがあります。滞在中の選択肢がたくさんあるからこそ、より有意義で幸せな時間を過ごすことができます。白浜旅行の際は、実際に足を運んで「ホテルシーモア」の他にはない魅力を存分に感じてみてはいかがでしょうか。

『HOTEL SEAMORE SHIRAHAMA KEY TERRACE』
住所   和歌山県西牟婁郡白浜町1821
TEL    0739-43-1000
アクセス [電車1]JR和歌山駅(特急くろしお)で1時間半、白浜駅からバスで20分(新湯崎停留所より徒歩1分)
     [電車2 ]JR名古屋駅(東海道新幹線)で50分、新大阪駅から白浜駅向かい、バスで20分