グルメ

一の橋天風(旧一の橋観光センター)Shojin Dining 桐宝珠

紀北・高野
Image-empty-state_edited_edited.jpg
 今回は一の橋天風(旧一の橋観光センター)の若女将・専務の馬場麻美さんに取材させていただきました。馬場さんは、結婚を機に東京から和歌山の高野山に移り住み、そこから夫の祖父が営んでいる一の橋天風の若女将として、レストランのメニュー考案やおみやげ品の開発、SNSで高野山の魅力を日々発信するなど、幅広い活動をされています。
 2020年3月にリニューアルオープンした一の橋天風(旧一の橋観光センター)内にある「Shojin Dining桐宝珠」は、高野山名物「胡麻豆腐」「高野豆腐」等の精進料理をベースに、熊野牛やぶどう山椒など、和歌山のおいしさを味わえる特製創作御膳が頂けるレストランです。桐宝珠で提供されているメニューは、「精進料理御膳」や精進料理にプラスですき焼きなどをセットにできる「創作花御膳」、これからの寒い季節にぴったりな「地鶏鍋御膳」など豊富なメニュー展開になっています。中でも人気の高い料理は、値段もお手頃で高野山の食材をふんだんに使ったボリューム満点の「精進花づくし」だそうです。これは、高野精進手ごねつくねや、湯葉刺し、精進柿の葉ずし、精進揚げ物盛り合わせなど全15種類ほどのお料理が味わえるお得な内容になっています。
 Shojin Dining桐宝珠でしか食べられないものとして、高野山のお米を100%使ったお米の麺や、精進料理らしい料理として人気の高い大豆こんにゃく麺などもメニューの中に取り入れられており、実際に食べた方から「こんなにおいしい食べ物が和歌山にあるんだね!」と驚きながら喜ばれるそうです。3月にリニューアルオープンしてからは団体用メニューの他に、個人が予約なしでも気軽に食べられるメニューも数多く提供されているそうです。
 次に馬場さんが行っているSNSでの情報発信についてもお聞きしました。観光に来られる方だとどうしても時間が限られているので、朝早い時間や都会ではなかなか感じられない四季折々の景色など、”高野山に住んでいるからこそ分かる情報”を中心に毎日発信されています。それには、馬場さんの「高野山を身近に感じてもらいたい、見ている方が少しでもほっとできるような気持ちになってもらいたい」という思いが込められています。コロナが落ち着いたときにはフォロワーさんが会いに来てくださったこともあったそうで、馬場さんは「高野山を通じてご縁ができたことがありがたかった」とお話してくださいました。
 また、数か月コロナの影響で閑散とした高野山を目の当たりにした馬場さんが「何かしないといけない!」と思い新たに取り組まれたのが、YouTubeとオンラインお香講座だそうです。YouTubeでは高野山の自然音や、実際に馬場さんが高野山を歩いて散策する動画を公開し、見た人が高野山に行った気分になるような映像も配信されています。オンラインでのお香講座は元々対面で行う予定でしたが、コロナの影響でオンラインでの講座になったそうです。お香の原料を先に送り、オンライン上で一緒に作っていくという内容で、体験された方からは「高野山に行きたくなるようなお香講座ですね」という声もあり、とても好評だそうです。
 今後出す新メニューは現在計画中で、春に向けたお花見シーズンに合うメニューを提供する予定だそうです。また、農家さんとコラボして和歌山のフルーツを使った新商品開発も考えているそうです。
 高野山観光をする際は、馬場さんのインスタグラムやYouTubeを見て気分を高めてから、Shojin Dining桐宝珠のオリジナル精進料理で腹ごしらえをして、高野山散策に出かけてみてはいかがですか。

敬称は省略させていただいております。

Shojin Dining 桐宝珠
和歌山県伊都郡高野町高野山737(一の橋 天風2F)
営業時間 10:00~16:00(ランチは11:00~14:00)