グルメ

春限定!「春待ちいちごのショートケーキ」はいかが?「8hachi 食パンとコーヒーとおやつ」

紀北・和歌山市
 紀三井寺観光でたくさん歩いて疲れた後、一息つきたいタイミングで甘いものが食べたくなりませんか?「桜を見た後は、いちごスイーツを食べて味覚でも春を感じたい!」そんなあなたにぴったりなのが、紀三井寺から車で8分の所にある、「8hachi食パンとコーヒーとおやつ」です。
 2018年10月1日にオープンした「8hachi 食パンとコーヒーとおやつ」は、店名にもあるように「食パン」を使ったランチやスイーツメニューを数多く提供しています。その他にも、旬のフルーツをふんだんに使用した季節限定のショートケーキや焼き菓子の販売なども行っているお店です。店内は、味わい深くレトロ感漂うイスやテーブルが使われており、また、食器は形や色が可愛いもので溢れているので、見ているだけで心躍ります。
「春待ちいちごのショートケーキ」はGWまで!
 今回おすすめするスイーツは、「春待ちいちごのショートケーキ」です。これは季節限定商品で、5月のGWごろまで販売予定だそうです。メニュー名にある「春待ち」というのは、このいちごのショートケーキが1月頃から始まるため、「早く春がやって来ないかな~」という気持ちを込めてつけられたそうです。いちごは、和歌山の海南市にある農家さんから頂いた「まりひめ」を使用しています。きび砂糖で作ったクリームの下には、ふわふわのシフォンケーキのようなスポンジがあり、さらに下にはピスタチオのアイスが隠れています。クリームの中にはいちごのメレンゲもトッピングされています。ドライフラワーに囲まれたショートケーキは誰が見ても思わず「可愛い!」と写真を撮らずにはいられない映えスイーツです。この「春待ちいちごのショートケーキ」は、「サクッ、ふわっ、ひんやり」などいろんな食感や味を一度に楽しめる新感覚ケーキです。冬から春にかけてはいちごですが、季節によってマスカットやイチジク、メロンなどに変わります。ショートケーキのクリームも、使用する果物の酸味の強さによって、きび砂糖の量を調整して果物とうまく合わさるようにこだわって作られています。「8hachi食パンとコーヒーとおやつ」は、お昼の時間に来てもスイーツメニューは用意されていますので、ゆっくりお店で過ごしながらスイーツを頂きたい場合は、午前中が狙い目です(13時から混むそうです)。
焼き菓子のギフトボックス( ホワイトデー仕様)
 また、店内では、焼き菓子を詰め合わせたギフトボックスも販売されていました(写真はホワイトデー仕様)。お店で販売されている焼き菓子は全部で15種類ほどあります。お店に入って目の前のショーケースに、猫の形のクッキーや花びらが乗ったブラウニーなどつい手が伸びてしまうほどおいしそうな焼き菓子がたくさん並んでいるので、訪れた際はぜひ見てみてくださいね。

 食パンやおしゃれなスイーツが好きな方にはたまらないお店です。紀三井寺観光の帰りに、優しい雰囲気に包まれた空間で、ぜひ季節限定の可愛い「春待ちいちごのショートケーキ」を召し上がってみてくださいね。

8hachi 食パンとコーヒーとおやつ
所在地  和歌山県和歌山市毛見1124-13
TEL 073-466-0049
営業時間 10:00~17:00(L.O16:15)
定休日  日曜日、月曜日、火曜日、祝日
アクセス [車]JR和歌山駅から25分

  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon