観光・体験

高野山大師協会本部
高野山教化研修道場 
写経体験

紀北・高野山
Image-empty-state_edited_edited.jpg
 高野駅から路線バスにて千手院橋から徒歩10分のところにある高野山教化研修道場で、写経体験ができます。「写経」とは、仏教のありがたいお経を紙に書き写す修行のことを言います。写経として実践するお経のほとんどが般若心経の場合が多く、元々僧侶の修行として行われていました。お大師様は般若心経について「大般若菩薩の偉大な真髄である真言の悟りについて教えている。文章全体は一枚の紙を満たす程もなく、行数にすればたった14行にすぎない。簡単でも要領を得ておりその内容は深い」と讃歌されているそうです。
 写経を行うメリットや魅力として、「集中力がアップする、忍耐力がつく、字が上手くなる」という3つの良さがあります。お経を1文字ずつ丁寧に書き写していくこの作業は、単純であるがゆえ没頭しやすく、時間が経ったことを忘れてしまうぐらい集中力が高まるといわれています。ちなみに写経で集中している状態を「三昧」といい、こうして書き上げた1つの写経にこの上ない喜びや満足感が得られることが写経の魅力です。また写経体験中に姿勢を正して作業に1時間ほど集中することで忍耐力もつきます。さらに写経を続けることで、字もうまくなるといわれています。しかし、字が上手くなりたいから写経を始めるというよりは、無心になって純粋に写経を楽しむことが大事なのだそうです。雑念を払い、心のうちに潜むすべてのものを吐き出して無我の境地になることで、心がすっきりとしたり気持ちがふっと軽くなったりします。

高野山大師教会本部・高野山教化研修道場 写経体験
和歌山県伊都郡高野町大字高野山347
営業時間:写経受付08:30~17:00、尚平日09:00、11:00、13:00、15:00
     土日祝08:45、10:45、12:45、14:45の各回は僧侶による写経作法の指導があります。