お土産

CONFITURE KOYA

紀北・高野町
 今回はCONFITURE KOYA(コンフィチュールコウヤ)の加勢田梓さんに取材させて頂きました。
 高野山駅からバスで10分のところにある出光ガソリンスタンド内のCONFITURE KOYA(コンフィチュールコウヤ)は、和歌山県産の旬のフルーツを使用した手作りジャムを販売しています。販売のきっかけは、ガソリンスタンドを本業として営んでいる加勢田香代さんが、和歌山県産フルーツの香り豊かな味を多くの方に知ってほしかったため、趣味で作っていた手作りジャムをご近所の方に配り始めたことでした。この手作りジャムは10年ほど前から販売されています。ジャムとして販売を始めた理由について、捨てられてしまうようなB級品のネーブルオレンジがもったいなかったこと、また旬の果物のおいしさを保つことができることから、ジャムとして提供することになったそうです。CONFITURE KOYAで作られているジャムはすべて無添加で和歌山県産のフルーツにこだわっており、薄皮などは手作業で取り除き、ジャムに入っている果物の大きさは均等になるように切りそろえるなど、一つ一つの作業をすべて手で丁寧に心を込めて仕上げています。また、イチジクや桃のような比較的酸化しやすい果物をジャムにする場合でも、果物の色鮮やかさをキープしたまま作られるので、見た目がとても美しいです。
 手作りジャムは桃やキウイ、いちご、ネーブルマーマレード、ブルーベリー、ラフランス、いちご&ラズベリー、イチジクなど全10種類あります。この中で、ラフランスといちご&ラズベリーは期間限定商品(ラフランスは11月初旬~、いちご&ラズベリーは4月頃~なくなり次第終了)です。10種類の手作りジャムの中でも人気なのはいちごとネーブルマーマレードです。いちごはジャムにする際でも実をつぶさずに作ることで、いちごの食感を感じることができ食べ応えがあります。ネーブルマーマレードはネーブルオレンジと砂糖とレモンをじっくり煮詰めたジャムです。一般的にネーブルマーマレードというと、果物の皮が残っているため苦みがあるのですが、CONFITURE KOYAのネーブルマーマレードは、苦みの原因となるネーブルの皮の白い部分を丁寧に手作業で取り除くことで苦みやえぐみがなくなり、それによって子供からの人気も高いそうです。またこのネーブルマーマレードは、プレミア和歌山推奨品、審査委員奨励賞を受賞されています。
 実際に手作りジャムを買っていかれるお客さんの年齢層は幅広く、またCONFITURE KOYAのジャムをTV等のメディアで見てから来られる方や、高野山でのお土産を探している方が多く訪れています。
 加勢田さんは、「”無添加”に共感してくださる方や、若い方で果物を食べる機会が減っている方、高野山の新しいお土産をお求めになりたい方におすすめしたい」と話してくださいました。
 季節によってその時旬の果物で作った手作りジャムが販売されているので、訪れるたびにわくわくできます。また、ガソリンスタンド内で販売されているという他のところではない珍しいお店です。高野山で観光された帰りなどに立ち寄り、友達へのお土産にいかがでしょうか。


敬称は省略させていただいております。

CONFITURE KOYA(コンフィチュールコウヤ)
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山261(出光ガソリンスタンド店内)
営業時間:07:00~19:00
値段:ラフランスといちご&ラズベリーは780円、そのほかはすべて680円

クレジット:

  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon